English below↓

自分の内なる島に帰依する1

 

私たちは落ち着かなさに対してどう対処したらいいのかを学ばなくてはなりません。私たちは落ち着いていられず、自分の体をどう扱っていいか、自分の感情や情動をどう扱っていいのかが分からないでいます。マインドフルな呼吸や歩みとは、私たちの感情や情動を落ち着けることを促します。キリスト教の伝統では“神の内に安らいでいる”ことについて語ります。「神の内に安息する」こと―――。

 

私たちに落ち着きがなければ、一体何を信頼すべきなのかも分かりません。私たちは安定したいがために、何かに頼りたい、誰かに頼りたいと望むのです。このためにみんな誰かを、または何かを拠り所にしたいと探し求めるのです。“神の内に安らぐ”とは、神に帰依することです。安らぐとは帰依することです。違う言葉ですが、同じ意味を持っています。

 

仏教では、“私は三宝に帰依する”、キリスト教では“三位一体に帰依する”と言います。でも、安息すること、帰依することは技術であり、学ばなくてはならないものなのです。どう帰依すべきか、どう安息すべきかがあなたに分かっていれば、時間もかからずに、瞬く間に、落ち着きを得ることができるのです。

 

例えばあなたがひとなみの波であるとしましょう。海の水面に浮かぶ波です。そして波である自分とは、脆くてはかない存在だと知っています。浮いては沈んで、怯えています。あらゆるものがとても素早く過ぎ去っていってしまうからです。生も死も、苦しみも、変化も。ひとなみの波の命とは非常に短いものです。ひとりの人の命もまたとても短いものです。だから私たちは安定した頼れる何かを、頼れる誰かを見つけたいと望むのです。

 

 

私たちが確固として安定していないからこそ、何か安定した揺るがないものを必要とするのです。そしてブッダ、ダルマ、サンガを安定した存在だと信じ、神と父と子と精霊は安定した存在だと(私は)信じ、帰依しようと望むのです。つまりは神の内に安まるとは、神へと、三位一体へと帰依することなのです。両者はまったく同じ意図であり、同じ欲求であり、同じ発想なのです。

 

でも安息するとは、何もしないことではありません。ごく活動的でありながら、平和な状態でいることはできるのです。安らぐとは何もしないという意味ではないのです。平和でありながら、人々の苦しみを和らげることを助けるために非常に活動的でいることは可能なのです。そしてこれが秘訣なのです。安息するとは平和と揺るぎなさと安定を得て、あなたの仕事を続けていくことなのです。

 

私たちのなかにはシングルの親たちがいます。一人で子供を育てなくてはならず、もし子を持つ母親だったら、頼れる誰かを見つけたいと願い、夫となり、息子の父になってくれる男性を見つけたいと願います。そうした傾向があるためです。あなた自身が頼れて、あなたの子供が頼れる誰かしっかりした人をみつけたいのです。欧米にも、ヨーロッパにも、アメリカにも、たくさんのシングルの親たちがいます。

 

あなたが男性だったら、しっかりとした安定した頼れる女性を見つけたいと思います。そうした望みと欲求があるのです。あなたが拠り所にできる誰かを探し求めているのです。でも私たちの多くがしっかりとしていない、安定しない人を選んでしまい、その人は(こんなにも)浮いては沈み、浮いては沈みするのです。そして私たちはその人がいない状態よりも苦しむのです。幻想を持ってはいけません。現実的でなければなりません。この法話は拠り所を得たいというあなたの欲求を深く見つめる助けとなるでしょう。

 

ブッダは亡くなる前、弟子たちにこう言い遺しました。「誰も頼ってはなりません。自分自身の中の島に頼りなさい。」この教えから私たちは多くを得ることができます。シングルの親として、あなたがまず頼るべきはあなた自身なのです。安定と揺るぎなさを自分の中で培う方法を知らなくてはなりません。あなた自身が、あなたが拠り所にできる、あなたの子供が拠り所にできる、島にならなくてはいけないのです。

 

あなた以外を見てはなりません。まずあなた自身の内を見つめるのです。もしかしたら将来、しっかりとした人が見つかるかもしれません。でもあなた以外の条件に頼ってはならないのです。もしかしたら生涯探してもそんな人には出逢えないかもしれません。だからまずは自分自身へと、そして自分の中の安定と揺るぎなさの要素へと、立ち還らなくてはならないのです。

 

安定していない人が幸せな人でないことは明らかです。安定や揺るぎなさに欠けた人は、たとえ非常に才能があろうと、多大な権力やお金を持っていようと、頼れはしないのです。その人は浮き沈みが激しく、あなたもまた一緒に浮き沈みすることになるからです。これは真実です。

 

だからその人がしっかりと安定しているかどうかを確かめなくてはなりません。そしてあなたが誰かを愛したら、あなたに安定とゆるぎなさがなければ、その人を苦しめてしまいます。これは確実です。あなたが激しく浮き沈みをし、その人もまたあなたと共に浮き沈みしなければならなくなるからです。

 

このためにブッダはまずあなた自身の中で安定とゆるぎなさを培うことを勧めたのです。そしてプラムヴィレッジでは、それをいかにマインドフルに呼吸し、歩き、すべてをマインドフルに行うか学ぶことを通して行うのです。(続く)

 

 

―ティクナットハン

Taking Refuge in the Island Within1

…we should learn how to deal with the energy of restlessness. We are not peaceful. We don’t know what to do with our body. We don’t’ know what to do with our feelings and emotions. So the practice of mindful breathing can help us calm down our body and our feelings. In the Christian tradition, people talk about resting in God. Resting in God. Because you are restless, you don’t know what to rely on. We want to something to rely on, someone to rely on to be more solid. That is why everyone is looking for someone or something to take refuge. And resting in God is taking refuge in God. Resting means taking refuge. Different words, but same meaning. In Buddhism, I take refuge in Three Jewels. And in Christianity, you say I take refuge in Trinity. But, resting (in God), taking refuge is an art. You’ll have to learn. Because if you know how to take refuge or to rest, you get the peace very quickly. In no time at all.

 

Suppose you are a wave. A wave on the surface of the ocean. And you know how fragile you are as a wave. You are up and down. You are scared. Because everything goes so quickly. Brith, death, suffering, change. The life of a wave is so short. Life of an human being is also very short. And we wanto find something solid to rely on, someone to rely on. Because we are not solid enough, stable enough, so we need something solid, still. And we believe that the Buddha, the Dharma and the Sangha is solid. I believe that God, the Father God, the Son God and Holy Spirit is someone solid, so we want to take refuge. So resting in God means, taking refuge in God, in Trinity. Very much the same intention, the same need, the same idea. But resting does not mean not doing anything. You can be very active in the state of the peace. You can be peaceful, but very active, helping people to suffer less. And that is the secret. Resting does not mean, doing nothing. You can be very active in the state of peace. You are peaceful, but are very active, helping people suffer less. And that is the secret. Resting does not mean doing nothing. Resting means having peace, stability, solidity and continue your work to help people.

 

And there are those who are single parents. And alone we have to raise our child and if you are a mother of a child, you would like to find someone to rely on. You want to find a man to be your husband, and to be the father of your son because that is the tendency, that is your need to find someone that is solid enough, for you to rely on, for your child to rely on. There are many single parents in the West, in the Europe, in Ameria. If you are a gentleman, you want to find a woman that is solid, stable to rely on. You also want and have that kind of need. You are looking for someone as your refuge. But many of us have chosen a person, that is not stable enough, that is not solid enough and he or she goes up and down, up and down like that, and we suffer more than if we don’t have him or her. So please think about it. Don’t have any illusion. Be realistic. And this dharma talk is going to help you to have a deeper look of your need of taking refuge. 

 

As the Buddha told his disciples before passing away, don’t rely on anyone. Rely on the island within yourself. You can profit from that teaching a lot. As a single parent, you have to rely on yourself first. You have to know how to cultivate stability and solidity in yourself. You have to be the island for yourself to take refuge in, and for your child to take refuge in. Don’t look outside of you. Look inside of you first. It may be in a future, you find a person that is solid, but don’t rely on other conditions outside. Maybe you look for all your life and you cannot find a person like that, so first of all, go home to yourself, for that element of solidity and stability within you. We know that a person who does not stability is not a happy person. You cannot rely on someone who does not have stability, solidity, even that person is a very talented person, or has a lot of power or money, you cannot rely on him or her. Because that person goes up and down a lot and you go up and down with him or her. That is true. So, look to see whether that person has stability, solidity or not. And when you love someone, if you do not have enough stability and solidity, you will make that person suffer. That’ sure. Because you will go up and down a lot and that person will have to go up and down with you. So the Buddha recommended that first you have to cultivate more solidity and stability within yourself. And the way we do it in Plum Village is to learn how to breathe and how to walk, and how to do everything in mindfulness.

 

-Thich Nhat Hanh